不思議のるつぼ

アドココはづき日誌

2022/01/21/Fri

今日のチャネリングメッセージは

 

生きとし生けるものの 源は

想像の向こう側にあります

 

がいねんを こえたところから

生まれる 神秘は

いたるところに あらわれ

たましいの 源 宇宙の 法則

ありとあらゆる真理 を 導いています

 

とくべつなことではなく

いまも ここに こうして あることの

実現に 手を貸しているのです

 

魂を みがいて 澄んだ目で

世界の 本質を 見つめる

練習をしてみましょう

 

意識の はざまに 真理は

きらめきます

 

遠い記憶を ひもとくだけでなく

今 ここに 起きていることに

目を 覚まして おきましょう

 

全ては 完璧で

何もかも うまくいっている と

信頼に立って 見つめることに

奇跡は 起きます

 

愛は見ています 心より放たれて

 

今 ここに 会いましょう

 

f:id:add-coco:20220123013107j:image

f:id:add-coco:20220123013115j:image

f:id:add-coco:20220123013138j:image

 

ということでした。ビステルデ、という存在らしいけど、調べてもよくわからなかった。

 

最近のことは何も知らずに宇多田ヒカル氏のことをこないだここで話題にしましたが

その日かその翌日あたりに新しいアルバムを出していたみたいで

そうだったのか、と思って聞いてみたんです。

 

今までも、全く聞かないわけではないけど

そこまでハマって聞いてきたわけではなくて。

 

超初期の頃、デビュー曲とかtravelingとかはたまに聞くことあったけども。

それ以降は、なんとなく、横耳で入ってくる曲を耳に流しておく程度だったんですが

 

今回のアルバムは、なぜかとてもしっくりくるというか

聞けてしまうな、という感覚があります。

 

なんとなくですけど、宇多田ヒカル氏の歌はちょっとヒリヒリする感じがあって

そこも魅力なんですけど、わざわざ聞かなくてもいいような気持ちになることが多かったかもしれない。

なんとなく、刹那的な感覚が呼び起こされるからかもしれないです。

 

今回のアルバムも、そういう要素はあるのだけれども

なんか聞けちゃう。

なにが今までと違うのかもよくわからないし

もしかしたら、聞く側の私の心境の変化とかもあるのかもしれないですけど。

 

なので結構聞いています。そして宇多田氏は、音楽作る時、遮光カーテン閉め切って部屋の中を「夜中」みたいな感じにして作業しているそうなのですが

そのせいか、夜中に聞いてると、すごくしっくりくるんですよね。そして、朝聞くと、夜中みたいな空気になる。

音楽って、魔法だな、って思います。

 

今日は、そんな感じです。

毎日、グラウンディングを1日3回くらいして他にもいろいろと

ヒーラーとしての特訓を続けています。

思っていたより、体力を必要とする仕事だなって感じています。

 

私は本当に学ぶことが好きだなあと思う。

しあわせなことだなって思う。

 

ではでは〜おやすみなさい!