不思議のるつぼ

アドココはづき日誌

何度もハッピーバースデーを歌う

f:id:add-coco:20220223225910j:image

大学生の頃、東京の吉祥寺にある諸国空想料理店KUUKUUという店で働いていた。

お店のこともスタッフのことも好きすぎて休みの日も食事に行ったりしていた。

 

そんなある日、私は親友とKUUKUUで晩ご飯を食べた。

奥が貸切になっていて、どうやらパーティーのようだった。

二人で飲んで食べて過ごしている間、奥から何度も

「ハッピーバースデイ」のうたを歌う声が聞こえてくる。

ほんの数回ならわかるけど、そうじゃなくて、もっと何回も歌っている。

いったい、どんな人の誕生日なんだろう?こんなに何回もいろんな人が歌ってくれるお誕生日会なんて初めてだった。

 

ほろ酔いになっていた私はいてもたってもいられなくなって

奥の席の暖簾をくぐって、お邪魔した。

 

私は普段ここの店員なんですけど、今日は食べにきていて

こんなにみんなからお祝いされるお誕生日なんて初めてで私まで嬉しくなって

おめでとうを言いたくなって入ってきてしまいました

 

というようなことを言ったと思う。

もう泣いていたと思う。

 

そしたら吉祥寺の「あき」というお店のマスターの60歳のお誕生日で

本当に老若男女、20数名かな?集っていて

娘さんが花束を渡したり、お客さん達が思い思いに語ったりしながら

 

何度も何度も心を込めてハッピーバースデーを歌っていた。

 

泣いた。

そして私も一言何か口走って

初めて会ったマスターのほっぺにキスをして

一緒に歌った。

 

私は子どもの頃から、将来の夢は?と聞かれても答えられないで生きてきたけど

このとき、初めて、これを夢にしよう、と思った。

 

それは60歳の誕生日にこうして老若男女が集って何度も何度も心からの

ハッピーバースデーを歌ってもらえるような人になること。

 

私の夢は職業や肩書きじゃなかった。

多くの人と愛し愛される関係の中に生きたいということだった。

 

もうすでに叶いつつある夢だけど

60歳の誕生日に老若男女が集ってお祝いしてくれるような人生をこれからも送っていきたいと思っている。

 

どんなふうにこの夢が叶うのかはわからないけど

きっと叶うような気がしている。

 

 

 

チャネリングメッセージはこちら↓

 

 

心 満たされゆくままに

 

一歩一歩 すすみなさい

 

あなたを 祝福します

 

これまでよく生きてきました

 

今まで あなたが 味わってきた

 

さまざまな体験や感情

 

それらを活かして

 

あなたはさらに輝きます

 

自らの喜びに焦点をあて

 

その感覚をよく味わって下さい

 

生きることの喜び 楽しさ

 

分かち合うことで 増幅します

 

あなたの大切にしているものごとを

 

大切にしながら

 

周囲の人々と分かち合うのです

 

あなたを けずることなく

 

あなたがあなたのままでいて

 

心地よくいられる範囲で

 

分かち合うことを覚えて下さい

 

痛みに鈍くならぬよう

 

心がけて下さい

 

あなたの境界を守るための

 

大事な感覚です

 

これから どんなことがあっても

 

あなたの喜びの灯は

 

世界を照らし続けます

 

あなたがあなたとして

 

そこに生きていることの

 

意味を あなたは

 

喜びのうちに 見出すことでしょう

 

祝福と ともに あれ

 

美しき 黄金の魂たちよ

 

愛とともに あらんことを

 

f:id:add-coco:20220223225933j:image

f:id:add-coco:20220223225944j:image

f:id:add-coco:20220223225956j:image

今日も、よくやったよね、わたしたち。

おつかれさまでした。

 

どうもありがとう。

 

おやすみなさい!

2022/2/23/Wed